ホームページ制作に必要なこと。目的と結果を重視したサイト制作をしよう!seoについて

What you need to homepage

結果を意識したサイト運営をおこなうことは必要です。ホームページは地域や営業時間を気にすること無く
24時間営業に等しい集客効果を期待することができます。seo対応のホームページ制作から始めよう!

スパムとみなされない様に行うSeo対策

考えないといけない事は、Seo対策を下手に行ってしまうとスパムとして判断されてしまい、結果として順位が大幅に下がってしまったり、もしくはランク外となってしまう事もあります。

せっかく頑張ってSeo対策を行っても、意味がなくなってしまう事もありますので、スパムとみなされない様に要注意しながらSeo対策を行う必要があるでしょう。

どんなSeo対策をするとスパムとして扱われてしまうのかという事についてですが、ペナルティに引っかかるSeo対策をしてしまうと、スパムとして扱われてしまいます。しかし、時には解除する事ができる場合もありますので、そこまで大慌てする必要もないかもしれませんね。

悪質なブラックハットseoを無力化するアルゴリズム

検索結果ランキングは、上位表示されるほどサイトへの訪問者が増加する可能性が高まるため、各社がseo対策を施しています。しかし、中にはガイドラインの裏をかいた悪質なブラックハットseoも行われていました。これが常態化してしまうと、検索結果が広告目的のサイトだらけになってしまいます。

そうした事態を防ぐため、google社ではペンギンアップデートやパンダアップデートなどを導入し、低品質なサイトや公告が過剰なサイトの順位を降格するようにしました。このように、さまざまなアルゴリズムの働きにより、インターネットが快適に利用できる環境が整えられています。

アルゴリズムとseo対策について

これまで数多くのアルゴリズムが更新されてきており、現在では以前のような発表がない中で日々更新されているようです。これはseo対策を意識しすぎたコンテンツづくりを防ぐことにもなっており、あくまでも内容を重視したサイトづくりを期待しているものです。

またgoogleで3番目に重要とされているアルゴリズムのrank brainは、2015年に出され人工知能をもつAIが基本となっており、現在膨大な知識を有しているため、簡単な単語を複数重ねて検索するだけで、それに沿ったサイトを表示できるようになっています。rank brainのseo対策も不要とされています。

seo関連

最新のseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築をお考えなら、まずは大阪、東京のseoに強いホームページ制作会社探しから。

最新のseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築の情報は正確でない部分があります。その他の問い合わせはこちら