ホームページ制作に必要なこと。目的と結果を重視したサイト制作をしよう!seoについて

What you need to homepage

結果を意識したサイト運営をおこなうことは必要です。ホームページは地域や営業時間を気にすること無く
24時間営業に等しい集客効果を期待することができます。seo対応のホームページ制作から始めよう!

seo

現在のgoogle検索にとってSEO対策をする上で大事なのはどのような検索ワードで対策をするのかということです。

単純に考えますと多くの人が検索しそうな言葉で対策をすればいいと思われるかも知れませんが実は違います。

例えばペットショップを経営している場合、ペットという言葉で対策をすればいいように思うかも知れませんが、まずこのような単純な言葉ほど対策をするのが大変になります。 というのもライバルが多いからです。

ペットショップの他にもブリーダーやペットの服を販売しているサイトなど、あらゆるペット関係の業者のサイトが検索結果に出てくるからです。

あまりにもライバルが多いのでなかなか上位表示は難しいですし、もしもそれができたとしてもペットショップに興味のある人が自分のサイトを見てくれるとは限らないのです。

ですので確実に自分のサービスに興味を持ってくれる人が検索しそうキーワードを絞ってから、対策をしなければいけなのです。

これが出来なければ無駄な努力になります。 一番いいのはペットショップという言葉と地名を入れることです。

地名を入れることによって確実に自分のエリアのペットショップに興味のあるお客様を取り込むことができます。

ワード選びは一番重視しなければいけないことなのです。

アルゴリズム導入で逆効果になってしまったseo対策の例

seo対策とアルゴリズムの関係はいたちごっこといえます。システムの穴を突いて悪質な方法で検索順位を上げるブラックハットを取り締まるために新たなアルゴリズムが導入されて、今まで通用していたやり方が却って順位を降格する要因となってしまったというケースもあります。

代表的なものが、パンダアップデートです。ワードサラダと呼ばれる関連キーワードを並べた意味を成さないテキストページや、公告が過剰なもの、外部サイトからの引用ばかりで独自コンテンツが乏しいサイトなどを低品質なサイトと判断し、順位を下げる機能を持っています。

ブラックハットseoを取り締まるためのアルゴリズム

seo対策はより多くの人にサイトを閲覧してもらうために行うものですが、ガイドラインを無視した悪質なブラックハットseoも横行していました。これを取り締まるために、googleは各アルゴリズムを導入して、低品質なサイトが検索上位に表示されることを防いでいます。

代表的なのが、ペンギンアップデートとパンダアップデートです。この2つのアルゴリズム導入により、自作自演で被リンク数を稼いでいたり、コピーコンテンツや広告が過剰なサイトに低評価を下し、検索結果を大きく降格することで、有益なサイトを上位へと押し上げることに成功しています。

How to Learn SEO: My Secret Method For Search Engine Optimization

seo関連

最新のseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築をお考えなら、まずは大阪、東京のseoに強いホームページ制作会社探しから。

最新のseo対策を搭載したホームページ制作、ECサイト構築の情報は正確でない部分があります。その他の問い合わせはこちら